個人型確定拠出年金の特徴

個人型確定拠出年金は以前は自営業者などに一部に限られていた加入資格が、基本的に公的年金に加入している60歳未満であれば任意で加入できるようになりました。加入すると専用の口座を作り掛け金を積み立てていきます。その資金は加入者が自らが運用先を決めて運用していきます。受け取る時は、一時金として受け取る方法や、年金として、又は一時金と年金とを組み合わせた方法から選択することができます。つまり、加入から受け取るまですべて自分で選択していくことになります。

個人型確定拠出年金のメリットとデメリット

個人型確定拠出年金は、掛金が全額所得控除されるほか、運用益が非課税、受け取る際も控除が受けられるなど税制上のメリットがあります。個人型確定拠出年金は、掛け金は5,000円からとなっていてライフスタイルに合わせて掛け金で老後の資金を形成することができます。運用の仕方によっては、成果によって受取額がアップする可能性もあります。ただし、運用する商品によって元本が保証されていないものもあるため、商品の選択は長期的に考え吟味することが必要です。また、転職しても継続して60歳まで続けられるため、長期的な資産形成ができます。個人型確定拠出年金は老後資金の専用という特徴があります。個人型確定拠出年金以外にも保険や投資信託などの他の制度もありますが、それぞれの特徴を理解して、利用する目的に合わせて選択することが大切です。個人型確定拠出年金は原則的に60歳までは解約できません。そのためにも無理のない掛け金の設定が大事になります。

個人型確定拠出年金のメリットは、毎月の掛け金が全額所得控除の対象となり課税されず、掛け金の運用益も非課税となり、年金として受け取るときは雑所得となり公的年金等の控除が適用されることです。