経営について学べる社員研修とは

社員研修にも様々なものがありますが、ゲーム形式で楽しみながら学べるのがマネジメントゲームです。これは1976年に経営を学ぶために開発されたもので、経営戦略を立てながら決算までを行う本格的なものです。2日間で5年分の経営をゲーム上で行い、その中で色んな気づきを得ることができます。講習を受けて勉強するのではなく、自分自身で考えながら積極的に学び取ることができるようになっています。

身につくスキルについて

マネジメントゲームを通して身につくスキルは、マネジメントに関わる財務と会計に関するものです。社長の視点に立つことで、会社を運営するということがどのようなものなのかをトータル的に理解できるようになります。そこから逆算することで、自分は何をすべきかを考えることもできます。

マネジメントゲームで行えること

マネジメントゲームでは、自分なりに経営戦略を立てて実行することができます。実際の会社と同じように競合との競争がありますし、あらゆるリスクにも晒されます。予期せぬ出来事がある中で不確定要素を抱えながら、いかに売り上げを確保すれば良いのかを試すことができます。たとえ失敗しても構いませんし、そこから他のアプローチを生み出すことも可能です。このように試行錯誤を繰り返しながら模擬的に経営を行うことで、会社とはどのようなものなのかを自分なりに理解できるというわけです。それを元にして普段の業務の中で、自分がすべきことは何かを意識しながら業務に携われるようになります。

マネジメントゲームとは、1976年に開発された企業経営を学ぶためのゲームでシミュレーションを体験することにより、経営戦略について学ぶことが出来ます。