経営者が社員に身に着けてほしい力とは

社員にもっと効果的に「利益の意識や知識を高めさせたい」「会社の意思決定を事業に向けて、効果的に反映させたい」とお考えの経営者は多いのではないでしょうか。一方で、社員にそのような視野や意識の改革を促すのは、時間や労力がかかるという悩みもついて回るものですね。では、戦略的な経営を行い効果的に利益を生み出す力を持つ社員を育成するためには、どうしたらよいのでしょうか。

社員育成のために企業が考えたいポイント

現状において、上記のような課題がある企業は以下の点を克服する必要があるのではないでしょうか。多くの場合、社員はあくまで経営者や管理職の指示に従って働く受け身の状態になりがちなために、入社してから企業経営に視野が広がるまでに時間かかる、実践的に経営の立場に携わる機会が少ないために、戦略的な経営の視野を持つ社員の育成方法が確立できていない、などの状態を克服することが必要と考えられます。

企業に導入したいマネジメントゲームとは

やはり経営の視点を持つためには、企業の経営にかかわる当事者として実践的な方法で経営してみることが一番の方法ではないでしょうか。そこで社員研修として、社経営をシュミレーション形式で疑似体験できるマネジメントゲームが有効な研修として考えられます。具体的に研修の参加者は経営者として資本金が用意され、そこから企業を創業し経営するなかで利益とコストを意識しながら経営の流れを一貫して体験することができます。

マネジメントゲームから期待できること

まず経営の全体像を理解できるだけでなく、黒字経営にするための経営とや赤字経営になってしまう経営との差異を実践的に学ぶことができるが期待できます。また、研修を通じて社員の意識を改革することで、社員の全体的なレベルアップを図るという効果も期待できます。

mg研修とは、1970年代に日本で誕生した社員研修です。マネジメントゲームを通して、経営に必要な知識や応用力などを養う、ユニークなプログラムが特徴です。