社会保険労務士になるためには?

社会労務士は、労働や社会保険諸法令に関しての法律を専門的に取り扱うことを業務としています。社会保険労務士となるためには、社会保険労務士試験に合格後、全国社会保険労務士会連合会の社会保険労務士名簿に登録することが決められています。また登録と同時にそれぞれの都道府県社会保険労務士会の会員となるのです。

社会保険労務士の仕事は3つに分類できる!

社会保険労務士の仕事は、主に3つの分野に大きく分類することが可能です。1つ目は健康保険や雇用保険、労災保険といった保険等への加入や脱退及び給付手続きに関しての仕事です。これは助成金等労働社会保険諸法令に基づいていますが、こうした保険関連の書類作成や提出代行もしていきます。

2つ目は、労働者名簿や賃金台帳の作成といった名簿や給料に関する仕事です。これに会社の就業規則作成の仕事が加わってくることもありますが、これらは労働社会保険諸法令に基づいている仕事と言えるでしょう。

3つ目は会社における人事配置や資金調整に関する業務で、それに加えて社内教育などといったコンサルティングにも社会保険労務士が関わっていくことがあります。コンサルティングといっても分野は人事や労務関連となっており、実は1,2の業務は社会保険労務士の資格がなければならない独占業務なのですが、3は社会保険労務士の資格がなくても遂行できる業務となっているのが特徴です。ただしこの3つの業務はそれぞれが重なりあう部分を持っていることから分かるように、社会保険労務士の受け持つ仕事とは会社内で起きる多くの問題を解決していく役割だと言えるでしょう。

起業するに当たって必要なのが就業規則の作成です。ひな型は労働基準監督署でも入手可能ですが、社会保険労務士の就業規則のほうが第三者目線で作成されるので労働問題のトラブルも少なく安心できます。