色々な養子縁組のパターンを知っておく

親族には、直系、傍系、尊属、卑属などがあります。また血族、姻族の見方もあります。基本的には、親族は自分と血がつながっている人、もしくは配偶者と血がつながっている人になります。もし夫婦間に子供がいないと、相続の時には困る可能性が出てきます。そこで行えるのが養子縁組です。一口に養子縁組と言っても特別養子縁組と普通養子縁組があります。特別養子縁組は、幼少の子供との養子縁組になり、子供は元の親との関係がなくなります。もちろん子供として法定相続人に数えられます。普通養子縁組は、特別養子縁組以外の養子縁組で、直系尊属以外の人を子供にできます。相続対策として、子供がいないときは2人までは基礎控除の計算に算入でき、子供がいるときは1人だけ算入できます。

養子縁組では子供としてみる時と兄弟姉妹の時

相続税対策として、養子縁組をするケースがあります。この時、全くの他人を入れるのは少し問題があります。当然その人にも相続の権利ができ、主張されてしまいます。税金は減りますが、相続分を取られてしまう可能性があります。そこで、親族の中で法定相続人にならない人などと養子縁組するのが一般的になります。ある夫婦は子供がいましたが、相続税対策としていとこにあたる人を養子縁組していました。夫婦が亡くなったとき、養子縁組した子を基礎控除の人数に入れられます。そのままにしていると、将来的にもその人が兄弟姉妹の権利を得続けます。兄弟姉妹の誰かが亡くなって子供がいなければ兄弟で分けますが、その時に養子縁組した人も権利があります。納得できないと問題になります。

相続税の税理士を東京とは、相続税に関する相談をするのであれば東京都内の税理士に相談をしましょうということです。