法定相続分以外で相続したいときに遺言する

遺言は、自分が死んだ時を考えて書きます。そのため、なかなか書きにくいと思う人も多いでしょう。ただ、書いておくと、残された家族や親族のためになるので、書いた方がいいかもしれません。自分が死ねば、自分の資産、つまり遺産は相続人に分配されます。分配は相続人の協議で行われますが、基準になるのが法定相続分です。妻と子なら、それぞれ2分の1ずつなどと決まっています。妻にすべてを渡したいときや、法定相続人以外に渡したいとき、必ずしもうまく協議されるとは限りません。法律に基づいた遺言書を書いておくと、法定相続分よりも強い効果を残せるようになります。協議よりも、遺言書での割合が優先されます。自筆で書くときは、方式などを守る必要があります。

妻に全額や子供に全額等の遺言が可能か

自分が死ねば、財産は遺族で分配されます。妻と子がいる時、法定相続人は妻と子になります。法定相続分は2分の1ずつなので、半分ずつ分けます。財産がお金しかなければ比較的話は付きやすいです。でも、不動産があるとややこしくなります。夫婦で住んでいる住宅と土地とお金があるとき、それらを足して半分ずつしないといけません。不動産を分けられなければ、売却しないといけなくなります。そこで相続対策として遺言しておきます。この時、妻に全額や子供に全額などが可能かどうかです。一応書けますが、必ずその通りになるわけではありません。遺留分があり、請求をすれば法定相続分の2分1まで受けられます。不動産が4分3以上あるなら、別の対策も必要になります。

相続税の相談を横浜でする場合には、個人向けのサポートを中心に行っている税理士事務所が適しています。早めに相談すると、相続に関する問題もスムーズに解決できます。